So-net無料ブログ作成
日記・戯言 ブログトップ
前の10件 | -

黒い炊き込みご飯 [日記・戯言]

かやくごはんに黒醤油使ったら、母が入れすぎ!黒すぎる!!

 とのたまったので、次は白醤油でつくろう。

そう思っただけ。ふっふっふ [レストラン]


父の選択はほぼ外れている [日記・戯言]

「今日、傘が必要か」

などの、選択時、父に聞いて助かったことがない。

ことごとくアドバイスが外れて失敗してきたのにまた聞いてしまった(あほじゃ)

どうしようかな?と迷ったら父に聞かない。

父に聞いたら逆をする。(こんな高等技術できない)

「メサイア演奏会で、楽譜いらないかな? アンコールで一緒に歌うことあるねんけど?」

て父に聞いたら

「いらんやろ」

といったので持って行かなかったらアンコールでメサイア一緒に歌わされた[たらーっ(汗)] 

 そして、今日もささいだが、そんな残念な結果になった。

 

 

 


曜ちゃんの彼女って?? [日記・戯言]

柿谷曜一朗選手の彼女の噂って?

続き


nice!(0) 

ほんとにあった怖い話?! (実体験) [日記・戯言]

10代のころって、自称「超能力がある」お友達ってけっこう多くなかったですか?

私は、異常にたくさんいてたように思います。

本日はその中でも特に摩訶不思議な霊感少女だった友人の想い出話をしようかと思います。

続きを読む


nice!(1) 

ああ、胃が悪い。。。 [日記・戯言]

ラッキーにもYOSHIKIさんがツイってるのをLIVEで眺めていたというのに

前回の文章をふと見ると、相変わらず放射能でいうと1,2シーベルトほど発していた。
二度と触れないようにしよう。


ああ、いちご大福食べたいなぁ。。。と外出したのに

ファミレスはいってがっつり食べて、帰りに酔っぱらって買ったチップスターも

家で食べてすぐ寝てしまって胃がもたれる。
nice!(1) 

何を望むの? [日記・戯言]

29歳の時恋人ができたとき、

「○○ちゃん(私)のことは、本気ではない。アルバイトぐらいにしか思ってないから」

と言われて別れた。

続きを読む


nice!(0) 

ストーカーと異性間暴力の心理1:精神的な退行と依存性・内的な女性像(異性像)の投影 [日記・戯言]

ストーカーと異性間暴力の心理1:精神的な退行と依存性・内的な女性像(異性像)の投影

http://charm.at.webry.info/200907/article_16.html カウンセリングルーム:Es Discovery より引用。

警視庁が公開しているストーカー被害の件数は毎年約1,000件で推移していますが、実際には警察に届け出ない暗数としてのストーカーもあるので実際にはもう少し多いでしょう。統計では全く知らない相手が『ストーカーの加害者』になることは余り無く、『交際相手が577人(元交際相手を含む、54%)・知人152人(14%)・職場関係151人(14%)』が上位の内訳になっており、面識のある人物が加害者になっています。

離婚したり不仲になったりした配偶者(元配偶者)が、別れの事実を受け容れられずにつきまとったり脅迫・嫌がらせをしたりしてストーカーになる事例も起こっていますので、『ストーカーになるような人と付き合わなければ良いのに・相手の人格や行動をよく見極めればストーカーは防げるはず』という被害者に “異性選択の責任の一部”を求める言説は的外れであることが多いと思います。全く知らない相手から勝手に妄想的な思い込み(片思い)をされて、ストーカー被害に遭うようなケースもあるので、どれだけ注意していても未然に防ぎきれないことも多くあります。

続きを読む


私の恋愛身分証明書 [日記・戯言]

なんか、一部ではやっているようなので早速やってみました。

【恋愛身分証明書】の恋愛とは・・・暖かく相手を包んで癒してあげる恋愛である。 #ハニホー

証明書の詳細
j.mp/1zkEckh

みんなもやろう
id.hanihoh.com via Twitter for Websites

ストーカーが好意と勘違いする瞬間とは? [日記・戯言]

みみかき店でバイトをしていた若い女性と、女性の祖母が殺傷された事件をスッタメでみた。

イロコイ営業やってないといっても、水商売の女性が仕事でサービスするトークや笑顔はいも男には自分に恋愛感情があるように勘違いさせるのだろう。

自分が勝手に好きになったからといって相手も自分を好きになってくれるとは限らない。

そんなものは、すべてストーカー側の都合であって好きになられた女性には関係ない。

そういう線引ができない人は入店禁止にできないもんだろうか。

お店で販売をしていただけで、ストーカー化するお客さんがあらわれたことのある女性がいた。

サービス業も、タレントのように目に触れる職業だから会いたくなったらいつでも店に行けば会える。

さらされっぱなしだ。

そういう歪んだ人に目をつけられさえしなければ、いい仕事だと思うけれど。

ストーカー化する人は、タレント・ストーカーの分類だと思うが、交際を断られて殺してしまうという発想がひどすぎる。

相手を傷つけてでも、自分の欲求を満足させようとする、支配しようとする、DV男とも似てると思う。

駅に、「暴力は悲しい」と書かれた、涙を流している女性のポスターが貼ってある。

セクハラ、性的暴力は相手の人間としての本質や尊厳を損ない、殴るより深く傷つける行為だ。

心ある男性は、「気の毒だな~」とも思いながらあのポスターを眺め、当のストーカーはスルーしてるかもしれない。[たらーっ(汗)]
前の10件 | - 日記・戯言 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。